合唱舞踊劇 O.F.C.  

TEL : 03 3367 2451

  • 合唱舞踊劇 O.F.C.
  • 合唱舞踊劇 O.F.C.

© 1995 Choral Dance Theatre O.F.C.

​最新情報をメールでお届けします

NEWSLETTER

カルミナ・ブラーナ

演出・振付 佐多達枝

作曲    カール・オルフ

衣裳    小川マリ

初演    1995年12月24日

編成    オーケストラ、STB独唱、

      混声合唱、児童合唱、ダンサー、コロス

 

『楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる、独唱と合唱の為の世俗的歌曲 (Cantiones profanæ cantoribus et choris cantandæ comitantibus instrumentis atque imaginibus magicis)』という副

 

<プロローグ>この世を支配する運命の女神~

1.「おお、運命の女神よ」(合唱)

人は皆、運命に翻弄される。

今日勝利する者が、明日もそうとは限らない。

2.「運命の女神に傷つけられて」(合唱)

運命の女神に傷つけられて、涙が止まらない。

昨日まであんなに幸福だったのに、

私にはもう何もないのだから。

< 1 部>春のはじまり~

3.「春はやさしく」(合唱)

春の明るい光がこの世に降り注ぎ、冷たい冬は敗れ去る。

4.「太陽はすべてをあたためる」(バリトンソロ・合唱)

太陽はすべてをあたためる。

若者たちは恋に浮き立つ。

僕はあなたに愛されたがっている。

5.「ほら、楽しい春が」(合唱)

ほら、あんなに待ち遠しかった春が来たよ。恋をしよう!

芝生の上で~

6. ダンス(オーケストラ)

7.「森は花いっぱい」(合唱)

森は花でいっぱいなのに、私はひとりぼっち。

ああ、誰が私を愛してくれるの?

8.「紅をください」(合唱)

綺麗になって、あなたを振り向かせたいの。

ねえ、私を見て!

9.「輪舞」(合唱)

輪になって踊る娘たち、みんな恋人がいない。

夏がやって来るのに、恋をしなくていいの?

10.「たとえ世界が僕のものになっても」(合唱)

女王陛下をこの手に抱けるなら、他にはなんにもいらない。

< 2 部>酒場にて~

11.「熱く燃えるもの」(バリトンソロ)

ままならぬ世の中への憤りを抱え、俺は流れゆく。

12.「昔は湖に住んでいた」(テノールソロと男声合唱)

私は昔、美しい白鳥だった。

それなのに今は丸焼き。

ああ、なんて哀れな姿!

 

13.「俺は修道院長」(バリトンソロと男声合唱)

俺は盛り場の修道院長だ!聖書の代わりは酒と博打。

14.「酒場にいる時は」(男声合唱)

俺たちが酒場にいる時は、何があろうが気にもせず、

博打に精出し酒まみれ。乾杯!

< 3 部>愛の場面~

15.「天使は気ままに飛び回る」(ソプラノソロと児童合唱)

天使は気ままに飛び回り、恋する男女を結びつける。

16.「昼も夜も何もかもが」(バリトンソロ)

昼も夜も何もかもが、僕に逆らっている。

ああ、なんてつらい恋なんだ!

17.「少女が立っていた」(ソプラノソロ)

少女が立っていた。小さなバラのように。

18.「想いをめぐらせれば」(バリトンソロと合唱)

想いをめぐらせれば、ため息がまた出てしまう。

それは、美しい君のせい。

19.「もしも若い男女が」(男声合唱)

もしも若い男女がひとつの部屋にいたなら、

なんて幸せなふたり。

20.「来て、来て、」(合唱)

来て、来て、ねえここへ来て!死ぬほど会いたいよ。

21.「揺れる心」(ソプラノソロ)

私の心は揺れる。奔放な恋、一途な恋......

22.「悦びの季節」(ソプラノ・バリトン・合唱)

悦びの季節だ!

彼女に恋して、僕は燃え上がる。

それはもう、死んでしまいそうなくらい熱く。

23.「この世で一番愛するひとよ」(ソプラノソロ)

この世で一番愛するひとよ。私のすべてはあなたのもの!

ブランツィフロールとヘレナ~

24.「ようこそ、最も美しいひとよ」(合唱)

美しいひとよ、あなたはこの世にそそぐ光、

この世を飾るバラです。

<エピローグ>この世を支配する運命の女神~

25.「おお、運命の女神よ」(合唱)

それでも人は運命に翻弄される。

今日幸福な者が、明日もそうとは限らない。